熱間据え込み鍛造

熱間据え込み鍛造とは

丸棒の一部を加熱、軸方向に圧縮して直径方向に広げる加工方法で、熱間アプセット鍛造とも言います。
材料の端部を膨らませる場合(ヘッディング)と中間部を膨らませる場合(つば出 し)があります。

熱間据え込み鍛造

金型費が安価で中少量生産に適しています。電力用特殊ボルト、農業機械用ギヤブランクなどを生産しています。
丸棒から削り出している軸物機械加工品の素材を熱間据え込み鍛造にすると、材料費の低減と加工費の低減により大幅なコストダウンを図ることができます。

もっと詳しく      具体的なコストダウン事例はこちら

熱間据え込み鍛造

 

お問合せ・見積依頼

株式会社ヤノテック
info@yano-iw.co.jp
インターネットからのお問合せはこちらから
本社:〒669-2416 兵庫県丹波篠山市井ノ上405番地
見積・試作依頼などお気軽にお問合せください。
  • お電話でのお問合せはこちら079-556-3135
  • FAXでのお問合せはこち079-556-3831

熱間据え込み鍛造

お問合せ・見積依頼

株式会社ヤノテック

TEL:079-556-3135
〒669-2416
兵庫県丹波篠山市井ノ上405番地
FAX:079-556-3831
Mail:info@yano-iw.co.jp

お問合せ・見積依頼こちら
このページの先頭へ戻る