よくあるご質問

 

熱間据え込み鍛造に関するご質問

 
試作はお願いできますか?
可能です。費用についてはお見積させて頂きます。
 
納期はどのくらいかかりますか?
初回立ち上がり時は金型の製作期間を含めて約1.5ヶ月かかります。2回目以降は約1ヶ月です。
 
注文の最小ロットはどのくらいですか?
最小ロットは通常100個ですが、100個以下でも相談に応じますのでお問合せ下さい。
 
対応出来るサイズはどのくらいですか?
フリクションプレスの場合材料径はφ10mm〜φ65mm 据え込み部の外径は最大φ120mm 材料長さは最長550mmです。 電気アプセッターの場合材料径はφ10mm〜φ25mm 材料長さは最大1500mmです。
 
見積の依頼方法を教えて下さい。
当社ホ−ムペ−ジのお問合せ・見積り依頼ページをご覧下さい。
 
熱間鍛造と冷間鍛造は何が違うのですか?
素材を900℃〜1200℃に加熱してから行う鍛造が熱間鍛造です。常温で加熱せずに行う鍛造が冷間鍛造です。
 
どんな材質に対応していますか?
SS.SC.SCM.SNC.SNCM.SUS.SKD.その他に対応しています。熱間鍛造の場合、冷間鍛造に比べて幅広い材質に対応できます。
 
元の材料からどの程度まで大きくできますか?(据え込み比)
据込み部分の素材長さLと素材直径Dの比 L/D を据込み比と言います。フリクションプレスによる据込み鍛造の場合は通常4.5倍が据込み比の限界です。電気アプセッターの場合はフリクションプレスより大きい据え込み比が可能で す。当社では8.4倍の実績があります。
 
金型代はいくらくらいかかりますか?
金型代は8万円〜35万円程度です。
 
熱処理はお願いできますか?
可能です。協力会社により対応しています。大半は熱処理付きでご依頼頂いています。

  このページの先頭に戻る

 

パイプ・丸棒の絞り加工に関するご質問

 
試作はお願いできますか?
可能です。費用についてはお見積させて頂きます。
 
納期はどのくらいかかりますか?
初回立ち上がり時は金型の製作期間を含めて約1.5ヶ月かかります。2回目以降は約1ヶ月です。
 
注文の最小ロットはどのくらいですか?
最小ロットは通常100個ですが、100個以下でも相談に応じますのでお問合せ下さい。
 
対応出来るサイズはどのくらいですか?
プレスによる絞り加工の場合、パイプ材料径は最大φ60mm、丸棒材料径は最大φ39mmです。
スエージング加工の場合、パイプ材料径は最大φ40mm、丸棒材料径は最大φ25mmです。
 
見積の依頼方法を教えて下さい。
当社ホ−ムペ−ジのお問合せ・見積り依頼ページをご覧下さい。
 
どんな材質に対応していますか?
SS.SC.SCM.SNC.SNCM. SUSその他に対応しています。
 
元の材料からどの程度まで絞れますか?
素材が丸棒の場合、素材の断面積をA0、絞り加工後の断面積A1とすると(A0-A1)/A0を 断面減少率といいます。断面減少率は最大25%が目安となります。
素材がパイプの場合、素材の外径をD0、絞り加工後の外径をD1とすると(D0-D1)/D0を絞り率といいます。パイプの絞り率は最大50%が目安となります。
 
金型代はかかりますか?
金型代は5万円〜30万円程度です。

  このページの先頭に戻る

 

カチオン電着塗装に関するご質問

 
試作はお願いできますか?
商品を送付して頂ければ、1点に限り無償で塗装致します。
 
納期はどのくらいかかりますか?
通常約1週間です。
 
注文の最小ロットはどのくらいですか?
1個からお受けします。
 
対応出来るサイズはどのくらいですか?
ワ−クの最大寸法は400mmX300mmX1000mm (または100mmX500mmX1200mm)、ワ−クの最大重量は12Kgです
 
見積の依頼方法を教えて下さい。
当社ホ−ムペ−ジのお問合せ・見積り依頼ページをご覧下さい。
 
どんな材質に対応していますか?
金属(通電性の材質)であれば塗装できます。

  このページの先頭に戻る

 

お問合せ・見積依頼

株式会社矢野鉄工所
info@yano-iw.co.jp
インターネットからのお問合せはこちらから
本社:〒564-0043 大阪府吹田市南吹田1丁目9番1号
見積・試作依頼などお気軽にお問合せください。
  • お電話でのお問合せはこちらから 06-6318-1855
  • FAXでのお問合せはこちらから 06-6318-1856

お問合せ・見積依頼

株式会社矢野鉄工所

TEL:06-6318-1855
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田1丁目9番1号
FAX:06-6318-1856
Mail:info@yano-iw.co.jp

お問合せ・見積依頼こちら
このページの先頭へ戻る